ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

バーチャル肩書きが欲しい人の話

古い友人達が口を揃えて

 

「なにやってるんだよwww」

 

と笑ってくるようなことを先日やりまして。

 

個人的には計画的に準備をしていたのですが、他者から見たら驚きが大きかったようです。

 

バーチャル化しました。

 

f:id:arukublog:20190319143101j:image

 

理由というか言い訳はですね、

 

◾️ Twitter更新を定時更新にしている

◾️ 私の口調は少し堅苦しさがある

 

などの理由から近寄りがたい、話しかけづらいアカウントになりつつありました。

 

これを改善するために自身をキャラクター化させようと考えたのです。

 

定時更新するキャラクターとなることでコンテンツ化すること。

 

そしてキャラクターとして生きることで堅苦しい口調もなんとかなるだろうと。

 

 

せっかくキャラクター化させるならばキャラクターデザインもプロに頼もう!となり

 

f:id:arukublog:20190319144154j:image

 

本格的すぎたwww

 

となったわけです。

 

この活動転換は現時点ですごく好調であり、目に見える形としてはふぁぼ数値が右肩上がりなので感謝しかない状況です。

 

問題点をあげるとするなら

 

Vtuberを名乗れないこと

 

です。

 

Twitterの堅苦しさを取り除くという目的のキャラクター化であったので、それ以上の望みはなくYouTubeでの活動もありません。

 

しかしバーチャル=Vtuberみたいな考え方、捉え方をする人はそれなりに多いです。

 

Vtuberと名乗れるなら自己紹介が超簡単になるんですけどね。

 

そうなるとTwitterで活動してるから

 

Virtual Twitterer

 

とかなって、それを略して

 

Vtwitterer

 

と書くのが正しいのかもしれません。

 

 

でもTwittererって言葉自体が広まっていなく、単語の終わり方がererってなんかむず痒い。

 

Vtwi  または  VTwi

 

くらいならごちゃごちゃしていないが、

これで意味は伝わるのかは不明ですね。

 

 

そもそも何故肩書きが必要なのかですが、

 

 

f:id:arukublog:20190319173347j:image

 

この情報量だけだと何の人か分からない。

プロフを読んでもらえればって考えもありますが、そのプロフを読まれるかの判断はアイコンと名前で判断されるのでして。

 

 

そんなわけでVtuberではないバーチャル活動者の肩書き一覧とか、登録するサイトがあると助かるなーと思っている活動10日目の新人バーチャルナントカでした。