ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

ジャングルハンター に行ってきました。

f:id:arukublog:20190218095126j:image

 

2/17 (日) 原宿 にて開催のイベント

 

前回の記事からの続きのようなものですが、フクロモモンガをお迎えすべき参加しました。

 

 

その前に当日までの事前準備を少し書きます。

 

 

ケージ作り

 

f:id:arukublog:20190218100833j:image

メインとなる部分はこちらのアクリルケージを採用しました。保温力と手入れの簡単さを重視しての判断です。

 

f:id:arukublog:20190218101011j:image

組み立てるのは簡単でした。

 

ここから内装です。

 

f:id:arukublog:20190218101208j:image

木を入れます。

これは登って運動するためでもありますが、爪とぎの役割も兼ねてます。

 

 

f:id:arukublog:20190218101327j:image

ヒーターとサーモ。

爬虫類用と比べると半額くらいかも。

 

 

f:id:arukublog:20190218101544j:image

その他に回し車や寝袋、パネルヒーターや水入れなどをセットして完成。

 

総額35,000円くらいでした。

金網ケージ採用だとこれよりも1万円くらい安いかもしれません。

 

 

f:id:arukublog:20190218102344j:image

イベント当日の話。

 

ジャングルハンター の開催時間は

 

先行入場(1000円)10:00〜

一般入場(500円)  12:00〜

 

となります。

 

大規模イベントではなく、比較的小規模なイベントであるため出店数はそこまで多くなく、そのため参加者多数による混雑ということもないため、まったり楽しめるイベントです。

 

個人的な意見ですが、事前にお迎えすることをある程度決めている場合は素晴らしいイベントと思いますが、見て楽しむ場合ならば出店数が多い大規模イベントの方が楽しめると思います。

 

 

今回のジャングルハンターではフクロモモンガを取り扱っている店は3店ありました。

 

f:id:arukublog:20190218105322j:image

そして私は事前にこの『RepStyle2』で迎えようと決めました。

 

過去のツイートの雰囲気が良かったのと、私と同じくジャングルハンター初参加という点の親近感により。

 

 

f:id:arukublog:20190218095126j:image

お迎えするなら先行入場ですね!

そんなわけで開場20分くらい前に到着。

 

 

上限金額はあまり定めたくないですが、決めておかないと金は溶けてしまうので今回の予算は7万円とします。

 

 

この予算はモモンガを迎えるのに対して多いのか少ないのか。

 

モモンガはイベントだと15,000〜80000円くらいの価格を見ることが多いです。

 

おいおい幅が広すぎだろ!ってなりますが、それはどんな生き物にも当てはまります。

 

モモンガの場合、白系統の毛色をした子の人気が高く、そしてそれなりに高価です。

 

高いだけあって人気なのも分かるくらい可愛く、私も白系を候補に考えでした。

 

そして実際に迎えた子は

 

 

 

f:id:arukublog:20190218112520j:image


f:id:arukublog:20190218112513j:image


f:id:arukublog:20190218112517j:image

 

それほど白くないという。

 

種類は『モザイク』です。

十人十色の模様となると言われてるようですが、お迎えの決め手は単純に

 

 

『グレーも可愛いな…』

 

だけです。

 

生後4ヶ月ほどのヤング個体です。

これくらいの時期から人に対する興味が強く出てくるため、少しずつ慣れてもらえるようにします。

 

 

 

 

 

予算がかなり余ってしまったので

 

f:id:arukublog:20190218113625j:image

タツノオトシゴ標本を買ったり、

 

f:id:arukublog:20190218113702j:image

カエルのアイスを食べたりしました。

 

 

 

次回のイベント参加は5月です。

 

f:id:arukublog:20190218114138j:image

 

カエルのお迎えを計画中です。