ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

初心者レオパ飼育記録 : 暖房編

この時期、暖かくして過ごすことは大切です。

 

風邪を引きました。

皆さんは気を付けましょう。

 

 

爬虫類も暖かくしてあげなければなりません。

レオパはゲージ内を

 

25〜30℃

 

にしてあげるのが理想です。

20℃以上あれば大丈夫という意見もあるみたいですが。

 

 最近では気温が15℃前後です。

やはりパネルヒーターだけでは適正温度にならないと判断したので追加器具を取り付けることに。

 

f:id:arukublog:20171024020224j:image

暖突Sサイズ

安全性の高いヒーターです。

 

f:id:arukublog:20171024020458j:image

パネルヒーターと比べたら10倍くらい厚みがありそう。

 

これを天井面に設置します。

 

 

f:id:arukublog:20171024020601j:image

ドライバーも封入されているので、そのまま簡単に設置できます。

 

網目上の天井に貼り付けるだけですね。

 

f:id:arukublog:20171024020738j:image

 

f:id:arukublog:20171024012727j:image

設置するとこんな感じ。

 

暖突の説明書には暖突設置部分から○○cm下の部分をどれくらい温めるのかが書いてありますが、ぶっちゃけそれを過信してはいけません。

 

そこで必要となるのが

 

f:id:arukublog:20171024023754j:image

サーモスタットと呼ばれる道具です。

名前だけじゃ分かりませんよね。

 

f:id:arukublog:20171024024214j:image

中身。

 

これはゲージ内の温度調節をしてくれる偉いやつなんです。

 

f:id:arukublog:20171024024345j:image

今回の場合はこのサーモスタットと暖突を接続します。

 

ダイヤルの数字は設定温度であり、ゲージ内の室温が設定温度になると接続した器具の電源を自動で切ってくれます。

 

25℃くらいに設定したので、その室温になれば電源が切れ、設定以下になれば電源が入る。そんなサポート道具です。

 

 f:id:arukublog:20171024024822j:image

 

サーモスタットの室温探知は吸盤で側面に貼り付ければ良いだけです。

 

これで室温は25℃となり、パネルヒーターのある部分は30℃くらいになりました。これで快適に過ごしてくれれば良いですね。

 

 f:id:arukublog:20171024025150j:image

全体の室温が上がったので湿度の注意は今まで以上に大切に。シェルター付近に霧吹きしておきます。

 

環境設定はこれで大体終わりましたかね。

近々レオパの体重測定でもしたいと思います。

 

その前に私も温かくして風邪を治しますか。