ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

シャドバ、GM到達に使用したデッキ

f:id:arukublog:20170710220033p:image

7/10(月) 16:00 GM到達

 

最終日に使用したデッキは

倉木ヴァンプ

ファントムキャットヴァンプ

です。

 

 f:id:arukublog:20170710225155p:image

まずは超流行っている倉木ヴァンプについて。

私はレナス様のデッキを参考にして自分用にカードを入れ替えました。

 

 

倉木ヴァンプにも色々と違いがあります。

 

◾️1コストフォロワーの有無

私は必須だと思います。

 

トーヴを起動させるスイッチになることもありますが、自分がトーヴを引けなかった時に1コストフォロワーがあれば相手が出すトーヴを緩和させやすいことがあるからです。

 

1コストフォロワーを1ターン目に出さずに3ターン目にトーヴと合わせることで

 

f:id:arukublog:20170710221343j:image

f:id:arukublog:20170710221435j:image

 f:id:arukublog:20170710221448j:image

f:id:arukublog:20170710221458j:image

 かなり盤面が有利にできるのも魅力的です。 

 

 

◾️ユニコの有無

f:id:arukublog:20170710221824p:image

今のヴァンプは復讐によりメリットを生むカードがほとんど採用されていません。

 

それは倉木が簡単に大ダメージを叩き出してくるので体力を多く残すことが重要な環境になっているからですね。

 

そうなるとユニコの回復はかなり強いです。

1コストフォロワーを採用しない方は代わりにユニコを採用している方が大半です。

 

 

◾️一裂きor飢餓

f:id:arukublog:20170710222345p:image

一裂きのメリットは顔にも飛ばせることであり、今の環境ではこのメリットが重要となり一裂き派が多いです。

 

倉木ヴァンプの対策が進み、倉木を潜伏状態で寝かせることが難しい状況になることが多々ありまして倉木でも火力不足な場面が増えてきました。

 

そのため、

 

f:id:arukublog:20170710222725p:image

8+別手段火力で倒すというルートを増やす必要があり、その別手段火力を安定させるためにも一裂きは有能です。

 

 

f:id:arukublog:20170710223140p:image

飢餓は自傷がないために体力維持が楽なこととニュートラルフォロワーの複数展開が多い環境なので複数体巻き込める可能性があることが強みです。

 

一裂きも飢餓も相手の2ターン目トーヴ対策としての役割が大きいので、その役目だけを見たら飢餓が優秀であり、後半に引いても活かせやすいのが一裂きです。

 

 

◾️ミニゴブor御言葉

f:id:arukublog:20170710223644p:image

2コストフォロワーは優秀なカードが多いのでミニゴブが輝きやすいですが、1コストフォロワーを採用しているデッキだと少し期待値が下がりますね。バフォメを安定供給して倉木を呼びやすくできることが強いです。

 

f:id:arukublog:20170710223850p:image

御言葉は1コストフォロワーが採用されているデッキの場合の3コスト枠です。その理由は後攻の強さであり、自分が1ターン目に1コストフォロワーを出しておくと1コストフォロワーの1点ダメージと御言葉効果で相手フォロワーを倒せる場面が多いので盤面が不利になりにくいです。

 

 

 ◾️アルカードorドミネーターorエメラダ

f:id:arukublog:20170710224803p:image

4点疾走しつつ復讐状態なら回復もできる。

アグロ系が流行り、復讐状態に入れてくれやすい環境なら分かりやすい強さがありますね。

 

f:id:arukublog:20170710225448p:image

ソウルドミネーターは復讐状態に入れてもらえそうもない環境なら完全にアルカードの上位互換です。4点疾走という重要な部分は同じなので環境で判断して入れ替えましょう。

 

f:id:arukublog:20170710225921p:image

エメラダは復讐状態にならないと疾走は得られないためリーサル手段での安定化がありませんが通常効果で相手の守護を破壊できるため倉木攻撃の決まりやすさがあります。もし疾走まで起動したら凄まじい強さです。

 

かなり復讐状態になりやすい環境

エメラダ

 

復讐状態になることがある環境

アルカード

 

ほとんど復讐状態にならない環境

ソウルドミネーター

 

みたいな判断で入れ替えて良いと思います。判断が難しかったらアルカードで問題ないです。

 

 

◾️倉木枚数2or3

f:id:arukublog:20170710230645p:image

エンハンスバフォメ経由ではなく普通に8ターン目で召喚することが増えた倉木。1試合で2枚使うこともあるために3枚入れておけば安心感ありますが、序盤に引きたくないですし、エンハンスバフォメ経由で呼びたいですね。

 

f:id:arukublog:20170710231043p:image

2枚積みだとこんな時に死にたくなりますが、こんな場面は滅多にないので2枚あれば足りると思います。

 

 

◾️クイーンヴァンパイアの有無

f:id:arukublog:20170710231421p:image

このカードはヴァンプミラーでの相手の倉木をを封じるためだけに1枚入れておくみたいな立ち位置ですね。

 

f:id:arukublog:20170710231644p:image

エンハンスバフォメで倉木を呼ぶ人は倉木に進化権を残しておきたくなります。そんな時に守護を2匹並べると守護処理をするのが難しくなります。

 

相手の倉木に対するクッション役の守護カードがグリームニルだけだと頼りないので御守り枠ですね。

 

 

取り敢えず倉木ヴァンプといってもこれだけの違いがあります。

 

私がこのデッキを使ったのは

 

アリス採用のニュートラル型デッキに対して後攻でも戦いやすいように『1コストフォロワー』を採用して、その1コストフォロワーと合わせて盤面を取りやすい『御言葉』は必要と。倉木対策としてリーサル逃れをしっかりしてくる人が増えたためにルートを増やす『一裂き』と安定した疾走能力の『ソウルドミネーター』を選択して臨機応変に対応しやすいように

 

という理由です。

 

 

f:id:arukublog:20170710233218p:image

次にファントムキャット型を。

 

こちらはとにかく手札事故が少ないストレスフリーなデッキで1番使っていました。

 

まずどのデッキにも言えますが、フォロワー展開してアリスに繋げれば最強です。倉木ヴァンプも倉木を使わないでアリスで勝つことがかなり多いくらいです。

 

そうなると本当に対策すべきはニュートラルフォロワー展開だと思い、

 

f:id:arukublog:20170710233815p:image

最強の1コスト除去に出会いました。

 

f:id:arukublog:20170710234047p:image

ゴブリンリーダーは本体は倒されやすいですが生み出されるゴブリンは生き残りやすいので牙付けて盤面を有利にできます。

 

f:id:arukublog:20170710234243p:image

進化後に攻撃5以上になるフォロワーが多い環境なので普通に活躍している山岳隊長に牙を付ければ6コスト突進で好きな相手を一方的に倒せたりと。

 

f:id:arukublog:20170710234552p:image

あとはバフォメットを2コストフォロワーとして出しても問題ないという点が倉木ヴァンプより動きやすいです。倉木ヴァンプは序盤に2コストで召喚して8の倉木を呼ぶようなことをしてもほとんど意味がないですが、ファントムキャットは6で出すだけで強いのです。

 

f:id:arukublog:20170710235103p:image

2ドローによるダメージはオマケみたいなもので、手札補充と高スタッツが優秀です。相手の進化権を消費させることが出来ます。

 

このデッキでは山岳隊長や変装の牙などで進化を使わずに盤面を取れるカードが多いために進化権を残せやすいこともあり、少しずつ相手を不利状況に追い詰めることが可能です。

 

f:id:arukublog:20170710235619p:image

ファントムキャットで手札が増えればヘクトルも活かせやすいですね。普通に5ターン目でも効果が狙えるようなニュートラル29枚編成なので、4ターン目アリスからの5ターン目ヘクトルで5/5/5 守護  好きな場所に3点という化け物を設置してやりましょう。

 

 

【最後に】

おそらくヴァンプのカードは何枚かナーフされます。それくらいヴァンプが抜け出してます。

 

ヴァンプを使うか

ヴァンプを対策するか

 

という二択になっている時点で変な環境ですし、対策デッキですら対策しきれていません。

 

 

 f:id:arukublog:20170711000339p:image

突進が削られるか2/3/2になる気がします。

先攻2トーヴからのゴブリンリーダーを防ぐ手段がほとんど存在しないのは酷いかも。

 

f:id:arukublog:20170711000557p:image

もしかしたら巻き込まれる形でナーフされそう。先攻ゴブリンリーダーからのアリスを防ぐ手段がほと(ry

 

f:id:arukublog:20170711001013p:image

ライトニングブラストという前例があるのでエンハンス没取がありえそう。エンハンスバフォメで呼べないと倉木はそれなりに減りそうです。

 

いつになるか分かりませんが、ナーフされた後に走るか今のうちにヴァンプのヤバい部分を堪能して走り抜けるかという状況なのでどうせなら走り抜けてみませんか?

 

 

 

前回大会に続き、次回のRAGEも応募しました。