読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

「COJPに必要なこと」

f:id:arukublog:20170122055353p:image

コード・オブ・ジョーカー・ポケット

 

ゲームセンターで絶賛稼働中の人気カードゲームのスマホアプリ版。

 

 

 

遊びやすいようにまとまっており、やり込むことも可能な完成度だけど、いまいちブームを作れていないようだ。

 

スマホカードアプリとして話題の中心にいるのは今でも

 

f:id:arukublog:20170122055941p:image

 

シャドバだ。これがリリースされた時からずっと中心にいる。そしてシャドバでスマホカードアプリに興味を持った人が「別のカードゲーム」をやろうとした時に情報とし入ってきたのが、

 

f:id:arukublog:20170122060329p:image

シャドバより先にリリースされており、世界的に知名度が高いハースストーン

 

f:id:arukublog:20170122060410j:image

カードゲームとして知名度が高い遊戯王のアプリ版であるデュエルリンクス

 

f:id:arukublog:20170122055353p:image

ゲームセンターで人気のCOJ

 

という情報が集まったはず。

しかし、遊戯王とCOJPはシャドバがリリースされてからかなり遅れてリリースされた。

 

そのためにすでに出来上がってしまったシャドバの層に対抗することが難しくなった。

 

遊戯王は漫画やアニメ、そしてそもそもカード自体の知名度が高いので固定ファンもいるためになんとかすることも可能だ。

 

しかしCOJPはゲームセンターに行かない人にはCOJについての理解が少ない。

 

シャドバのようにスマホアプリが初のステージであれば、プレイヤーは全員初心者スタートであるために始めやすさはある。

 

逆に他で話題になったものの「アプリ版」 は経験者が多いために初期環境は完全初心者に厳しい部分もある。

 

COJPがいまひとつ伸びきれないのはこの初心者対策なのかもしれない。

 

COJ自体のルールはかなり凝っていて、慣れてくると他のカードゲームでは味わえない爽快感がある。

 

しかし慣れるまでに時間がかかり、そもそも慣れるための正しい知識を学ぶ場所がない。

 

シャドバには動画投稿機能や配信機能があり、それにより他のプレイヤーと自分の動きの違いを比べることが出来る。

 

COJPにもリプレイ機能があるので他のプレイヤーの動きを確認することができるが、シャドバと異なるのはプレイヤーの声を聞けないこと。これにより生きた考えが聞けないので、見ただけで情報を得る必要がある。

 

また公式配信や広告の差も大きい。

 

シャドバは公式配信や公式公認配信が高頻度で行われているために配信視聴から学べることが多々ある。

 

COJPは公式配信が少ない。

 

多ければ良いというものではないが、初期段階こそ力を入れなければならないと思う。今のままだとゲームセンターでのCOJ経験者がCOJPで同窓会しているようになりそう。

 

初心者達がみんなでスタートラインに立って一緒に学べるような場所を1つでも用意できたらゲームへの理解も深まり、活気あるアプリになる気はします。

 

ゲーム自体は本当に面白いので、運営の動き方がとにかく惜しいです。