ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

ヘスティア様がS+99になったそうです

f:id:arukublog:20151027191725p:plain

なりました。

頑張った理由

twitter.com

上記のスプラトゥーン情報ネタアカウントを
管理しているのですが、

「情報を扱い、人に教える立場の人が弱くていいのか?」

と思いまして、

この9月2日ツイート以降は更新休止をしていました。

(S+になれば自信を持ってツイートできるかな?)

なんて考えており、そしてS+になった日に昇格報告と更新再開をしました。

するとですね、


カンストまだですか?」


という意見がね、結構多かったんですよ。

おい、待て!ふざけるな!それは無理だろ……。

と思ったよ。


その意見から毎日4、5時間必死になってみた。

期間中に大型アプデがあって環境が大きく変わったりもした。



これでいいかい、ベル君。


S+99までの道程と方法

これまでに学んだことが少しでも役立てたらと思い、
ちょっとだけ書いていこうと思います。

準備① やりたいこと

スプラトゥーンは対戦ゲームであるため、必ず勝敗があります。
しかし、その戦い方は1つではありません。

塗りたい!
サポートしたい!
撃ち合いで勝ちたい!

実践では、それらを臨機応変に判断して行動する必要があるのですが、
事前にある程度の方針を定めることにより、割り切った行動をすること。
そしてその分野に自信を持つことで気持ちに安心感を得ることは大切です。


“皆さんは立ち回りを学ぶ時、どうしますか?”

大半の方が

『武器名 立ち回り』 『武器名 ギア』

などで検索するのではないでしょうか?
それらの検索結果から学ぶのはとても良い事だと思います。

しかし、注意しなければならないことがあります。

参考にするのは〇 真似するのは×

です。


上手い人を真似すれば、その人の真似は上手くなります。
しかし、その行動を理想通りに行えるのは、その人だからです。

撃ち合いが苦手な人が裏取り奇襲方法を学んでも返り討ちにあいます。


自分は何がしたくて どういうことが得意で こんな武器が使いたい


ということをしっかりと決めてから、自分に合った戦い方を学ぶことが
大切だと思います。

準備② ギア構成

先程、真似するのは控えるべきと書きましたが、
その大きな理由がこのギア構成です。


例えば、私がわかばシューターを学ぶときは

こちらの『やんから様』が投稿している動画をよく見ました。

この動画を見ていただけると分かるのですが、
凄く多くのキルを稼いでいく突撃スタイルなんです。

そして動画の最後のギア構成を見まして

f:id:arukublog:20151027195909p:plain

わかばのギア構成ってこれが良いのかー」

と思ってしまっては危険です。


同じ構成にしたら同じ動きが出来る
と思っている人はいないでしょうけど、

このギア構成はこの立ち回りをするための構成であり
つまりは、この動きが求められます。


ギア構成を真似することから始めてしまうと
自分に不足しているギアが分かりにくくなってしまいます。


このギア構成だとこんな動きもできるようになるのか

という参考程度にしておくと視野が広がります。



f:id:arukublog:20151027200631p:plain


ちなみに上記が私のわかばギア構成です。

やんから様とは全然違いますね。



立ち回り① 数的状況把握

今まではゲームについての考え方について書きましたので
ここからは少し具体的な話をします。


私の場合は

撃ち合い苦手
サポート得意
状況把握得意

でしたので、1試合中での撃ち合い場面は極端に少ないです。

その代わりに全体把握と前衛補佐を頑張る立ち回りをしていました。


「試合中にマップをよく見ろ」

と言われる方は多いですが、
正直、見ている余裕がない場面が多いです。

そこでマップの代わりに注目すべき場所が


f:id:arukublog:20151027201644p:plain

この生存数表示メーターです。
これは画面に映っているので、
そのまま視線を少し上げればいつでも確認できるのですが、

これを常に見ているくらいの感覚でも良いと思ってます。

数的状況が不利なときは無理をしない。
有利なときにダメ押しをする。

ということが大切なので常に把握しておきたい項目の1つです。

自分以外の仲間が全員やられてしまった時、
必死に前線を守るのも良いですが、
一番大切なのを生きていることだと思うのです。

全滅だけは絶対にしてはいけないことです。




私の中で相手に追い打ちを決めるタイミングがありまして、
それは

f:id:arukublog:20151027202753p:plain

「相手が2人以下で自軍が数的有利な場面」です。

このタイミングで仲間にバリアを配れば
状況を制圧できることが多かったです。

立ち回り② バリアとボム

わかばシューターと言えばバリアですよね。

なので、ギア構成としてっは

スペシャル増加量アップ
スペシャル減少量ダウン
スペシャル時間延長

などが需要高く人気ですね。

バリア回数を増やして仲間に配るというだけでも
効果はありますし、それなりに強いです。


ただ、この立ち回りが効果的なのは
塗りを多くする足場固めが得意な人であり、
そしてある程度は前衛で戦える人だと思います。

相手陣地も塗らないとスペシャルゲージが貯まらない
場面が多いので。

バリアを使って自らも切り込み
正面突破する人なんかはスペシャル関連ギアが必要かなーと。


そうでもない人はそこまで重要なギアではないような気もします。


わかばシューターのギア構成はテンプレートが存在しないようにも感じ、
それこそ自分が欲しい部分を好きなように組みやすい武器だと思います。



まず、わかばシューターは撃ち合いが弱いです。
武器の威力は無く射程も短いです。

避けながら接近して相手に打ち勝つ技術か
バリアでごり押しするか
裏取り奇襲をするか

じゃないとメイン攻撃で打ち勝つのは難しいです。


ならば無理して撃ち合いをしないような立ち回りをしよう。


そこで私は


f:id:arukublog:20151027200631p:plain


ボム牽制型の立ち回りにしました。

スプラッシュボムは爆破速度、威力、範囲の全てが優秀です。
投げたいところに投げ込みやすく、牽制としては抜群です。

ボム飛距離アップを積むことで
チャージャーや長距離シューターも
邪魔することが出来ます。

メイン武器は塗り用であり、
攻撃と牽制は全てスプラッシュボムと言えるような感じです。


頭のサブにスペシャル延長を付けたのは
ダイオウイカに後出しして勝てるような時間調整のためです。


雑記

SからS+に上がって最初に思ったことは

「S+ってこんなにボムが飛び交うのかよ」

でした。

そこで単純な発想な私は

「つまりボムは強いってことか!」

と考えてボム飛距離型構成にしたのですが。
ボムめっちゃ強かった。


好きな武器とルールをよく聞かれますが

武器はバケツ、ヒッセン、わかば、バレスピを好みます。
ルールは

ガチホコ>ガチヤグラ>>>>>>>ナワバリ>>ガチエリア

くらい差があります。



私の立ち回りはキルがほとんど稼げないので、
あまり快感は得られないかもしれません。

ただ、味方全体でバリア特攻した後に貰える

「ナイス!」

は何よりも好きです。




立ち回り方法とか詳細に書こうかとも思いましたが、
記事が長くなりますし、参考になる部分も少ないので
やめました。


おわり。