ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

アタシポンコツアンドロイドマスターサビマエスライド対策

f:id:arukublog:20151001210744p:plain

結局は会いに来てくれた子が一番可愛いんだなーって
そう思いました。ガチャでね。かな子ちゃんは天使。


f:id:arukublog:20151001211253p:plain

イベントは後半戦に突入したようですね。
これからポイントボーダーが加速しそうです。

累計ポイントランキングとは別に
ハイスコアランキングがあります。

ラストスパート期間により

f:id:arukublog:20151001211507p:plain

f:id:arukublog:20151001211645p:plain

累計ポイントは稼ぎやすくなりましたが、
倍速ペースで走り出す前に

ハイスコアを満足しておきたい

と考えている方が少なくないと思います。

ラストスパートで倍化を活用して得することは

・時間効率

のみです。

経験値やドロップアイテムに変化はないので
ランク上げを同時にやりたい人や
育成用の餌を集めたい人は通常消化で
イベントを走る方が良いでしょう。

そして、マスターフルコンボを諦めていない人も
同様に通常消化で頑張りましょう。

試行回数が大切ですよ!


対策1 ライブ速度を速くしよう

f:id:arukublog:20151001212322p:plain

ライブ速度とは流れてくるリズムアイコンの速度です。
勘違いされる方が多いのですが、

リズム自体は速くならなく
アイコンの流れてくる速度のみ速くなるので
タップするタイミングはライブ速度に関係なく同様です。


ライブ速度を遅くする利点

流れてくるアイコンをしっかりと把握して
頭で考えてタップする場所を準備することができる。


ライブ速度を速くする利点

視界に入るアイコン数が少ないため、考えることが減り
直感的に身体を動かすことができる。混乱しない。


例を挙げますと、


アタシポンコツアンドロイドマスター譜面で
最初のアイコンが到達するまでの視界状況


速度1の場合

f:id:arukublog:20151001213211p:plain


速度9の場合

f:id:arukublog:20151001213234p:plain


速度1の場合では流れてくる速度が遅いこともあって
アイコンが視界に溜まりはじめて恐ろしいことになってますね。

ただ、遅いこともあって目押しでゴリ押すこともできます。


速度9は流れが速いこともあり視界にはほとんどアイコンが
ありませんね。その分、反応速度が大切ですが。


なぜ、速度が速い方をオススメしている人が多いのか?

リズムゲームって何回も同じ曲をやりますよね。
慣れますよね。
譜面も少しずつ覚えだしてきますよね。

譜面を覚えたら反応速度はほとんど必要なくなります。
ライブ速度を遅くする際の利点であった
頭で考えてタップする場所を準備することができるが
譜面記憶によって可能となります。

アイコン速度が速くても遅くても次に叩く場所を理解できている
状況だとしたら


f:id:arukublog:20151001213211p:plain

f:id:arukublog:20151001213234p:plain

余計なことを考えさせられなくてよさそうな
視界に優しい速度上げの方が良いのではないでしょうか?


対策2 サビ前スライド地帯


f:id:arukublog:20151001214306p:plain

ぶっちゃけ、ココが全てですよね。

この部分が難易度を爆上げしていて
投げ出す人を増加させています。

私も諦めかけてました。


スライドの判定がよく分からなく、
それでいて同時押しと長押しを混ぜられて
クリアできるわけねぇだろ!ってね。


そんな時に気付いたんです。


「この場所、長押しいらなくないか?」

と。

f:id:arukublog:20151001214818p:plain

たしかに譜面で見ると赤枠部分の長押し区間はあります。

今回の長押し部分ではスライドと合わさっているため

横にスライドさせて、そのまま次のアイコンまで長押し

が正解なのでしょう。

ですがね、

次のアイコンが流れてくるまでが短すぎる


別の言い方をしますと

スライドをさせるための時間=長押し時間となっている

もっと分かりやすく言いますと

スライドだけさせていれば長押ししなくていい


ということをまず理解しておいてください。


そして、次に


「そもそもスライドが分からないんだよ!」


となりますね。


f:id:arukublog:20151001214306p:plain


スライドとは矢印の方向に指をなぞることですが、

f:id:arukublog:20151001220106p:plain

よくあるスライドでは矢印が連続しており
そのまま矢印方向になぞり続けるスライドです。

今回のスライドでは

f:id:arukublog:20151001220442p:plain

注目部分は右の◎部分です。
ここにスライドアイコンが存在しないのです。


いつもなら

f:id:arukublog:20151001220744p:plain

このように連続スライドアイコンですが、
今回は異なります。違うんです。


つまり、


そのアイコン毎に1スライドさせればいい


別の言い方をしますと、


全てのスライドアイコンを個別にスライドさせればいい


もっと分かりやすく言いますと

アイコン毎に矢印方向へフリックすれば繋がる


なんとね、繋がってしまうんですよ。

フリック入力することで隣1マス分のスライドとなり
スライド問題は解決します。

そしてフリックスライド時間がそのまま長押し認識され
次のアイコンまでの長押し判定されるので長押しもクリアです。


そうなると、


f:id:arukublog:20151001214306p:plain

同時フリック入力を数回繰り返すだけという
簡単な場所へと早変わりするのです。


頭で理解しようとすると難しいでしょうが、
このスライド区間に入りましたら
スライドアイコンだけを見て、矢印方向にフリック
だけをすればいいので、数回で慣れると思います。

参考動画

同じようにスライド部分をフリック入力で突破している方が
いらしたのでこのような感じだと思っていただければ。




f:id:arukublog:20151001222040p:plain

10/1 15:00 のガムおじさん状況です。

最終的に3ケタ順位に入れるようにガンバリマス、ガンバリマス、ガンバリ。。。