ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

FEH、闘技場で上位を目指すためには

f:id:arukublog:20170212131247p:image

 

キャラクターの☆ランクを上げる機能として「覚醒」があります。

 

f:id:arukublog:20170212131558p:image

この覚醒には「英雄の翼」が要求されるのだが、この要求がそれなりに多いのだ。

 

そして入手方法の主になるのが、

 

f:id:arukublog:20170212131947j:image

f:id:arukublog:20170212131954j:image

f:id:arukublog:20170212131958j:image

闘技場報酬となる。

それならばなるべく良い報酬が欲しいものですね。

 

闘技場でポイントを稼ぐポイントは2つあります。

 

【全員生存】と【ステータス合計値】です。

 

f:id:arukublog:20170212132824p:image

獲得ポイントが〇〇~〇〇と変動性になっているのは、相手を全滅させた際の自軍ユニット生存数が影響してます。

 

1人しか残ってなかった場合は最低値、全員生存で最高値となります。

 

上記画像の場合ですと上級で1人しか生存できないなら中級で全員生存プレイをした方がスコアは伸びることになります。

 

なので基本は「全員生存を狙える難易度」を選択する方がハイスコアを狙いやすくなります。

 

 

もう1つの点はかなり頭を使います。

 

【ステータス合計値】

 

f:id:arukublog:20170212133518p:image

f:id:arukublog:20170212133545p:image

これは私の育成済ユニットの中でステータス合計値が低い4人で編成した際のマッチングユニットです。

 

f:id:arukublog:20170212134215p:image

f:id:arukublog:20170212132824p:image

こちらは逆に高ステータス4人で編成した際のマッチングとなります。

 

闘技場マッチングシステムとして「自軍の合計ステータスが高いほど強い相手(高ポイント)とマッチングする」ようになります。

 

そのため高ポイントを狙いやすくするためには合計ステータス値が高いユニットを知っておくと良いでしょう。

 

f:id:arukublog:20170212135045j:image

f:id:arukublog:20170212135051j:image

f:id:arukublog:20170212135056j:image

f:id:arukublog:20170212135101j:image

http://altema.jp/fe-heroes/goukeistatus

 

ステータス値トップ10のユニットです。

このユニット達だけで編成すれば高ポイントの相手とマッチングできるでしょう。

 

 

しかし、編成やマッチングだけではなく【全員生存】というポイントも同時に頑張らなければなりません。

 

f:id:arukublog:20170212135750j:image

ステータス値は高くないですが、かなり有能なアクアやタクミがいますし、

 

f:id:arukublog:20170212135838j:image

無属性特攻で大活躍してるルフレなんかは合計ステータスが低い方に該当します。

 

f:id:arukublog:20170212135957j:image

生存能力を大きくあげるヒーラーは合計ステータスがかなり低くなっています。

 

高ポイントを狙うためにステータスが高いユニットを組み込むか

 

勝ちやすくするために有能ユニットを組み込むか

 

全員生存を優先させてヒーラーを組み込むか

 

ここが各自の判断ポイントになります。

取り敢えず高ステータスで編成して、そこから勝ちやすくするために少し入れ替え調整していくのが無難なのかもしれません。

 

FEH、オススメユニットとその理由を雑に紹介する

f:id:arukublog:20170210001955p:image

アクア 青ユニット

 

「歌う」により味方を再行動可能にすることが出来る。相手の編成を見て自分のユニットの中心となりそうなキャラを再行動させれば勝ちに繋がりやすくなる。アクア自身も赤ユニットに特攻武器を持つため赤キラーとして活躍できるため、青枠としても腐りにくく有能なユニット。

 

 

f:id:arukublog:20170210002440j:image

アベル 青ユニット

 

「剣殺し」のスキルにより剣相手に必ず追撃が可能となる。また、所持武器が勇者の槍のため剣相手には必ず4回攻撃が可能となる。4回攻撃すれば大体は溶ける。騎馬ユニットのため機動力も高く、剣持ちユニットはかなり多いため活躍の場が多い。

 

 

f:id:arukublog:20170210002821p:image

アンナ 緑ユニット

 

初期キャラだが星5まで育てればガチャ産星5と同等の強さになる。「待ち伏せ」スキルにより相手のターンに一方的にやられることは少なく、体力が減れば味方ユニットの隣にワープ可能の武器も優秀。アンナ自身の速さも高いため追撃性能は高い。耐久面がやや不安。

 

 

f:id:arukublog:20170210003240p:image

エリーゼ 白ユニット

 

騎馬ヒーラーとして傷付いた味方に駆け寄りやすく、「リカバー」により安定して15回復が可能となっている。奥義は回復力を25にする治癒か味方の攻撃力を底上げできる業火で選べるのも良い。

 

 

f:id:arukublog:20170210003634j:image

エルフィ 青ユニット

 

ステータスがとにかく高くて戦闘力が高い。スキルの「守備隊系」により追撃を受け付けないため、アーマーナイト特有の速さの低さが気にならない。「ぶちかまし」で味方を運ぶ能力も便利なので育てておきたいユニットの1人。

 

 

f:id:arukublog:20170210004110p:image

オリヴィエ 赤ユニット

 

「踊る」によりアクアと同じく味方を再行動可能にする。アクアとの違いは「攻撃の鼓舞」により味方の攻撃力を上げることができる点。攻撃力を上げた味方を複数回行動させることで相手に大ダメージを与えられる。オリヴィエの欠点はオリヴィエ自身の戦闘力が低いためサポートメインになってしまうこと。

 

 

f:id:arukublog:20170210004542p:image

カゲロウ 白ユニット

 

「歩行特攻」という対称が凄く多い特攻持ちに加えて「暗器殺し」も持っているため活躍する場面が多い。放置もできないし相手にもしたくないといういやらしいユニットになる。

 

 

f:id:arukublog:20170210005011p:image

カザハナ 赤ユニット

 

「死線」スキルにより耐久面を捨てて攻撃特化したユニット。アーマーキラーにより耐久力のある重装ユニットも強引に突破が可能。踊りや歌うと組み合わせて鉄砲玉として特攻させましょう。

 

 

f:id:arukublog:20170210005328j:image

カチュア 青ユニット

 

見た目人気が高い。「金剛の一撃」と「攻撃封じ」により耐久力があり、キラーランスにより相手の守備を半減して攻撃ができる「月光」を発動させやすくなっているのでバランスが良いユニット。飛行ユニットのため流行りのタクミに弱いのが難点。

 

 

f:id:arukublog:20170210005720p:image

カミラ 緑ユニット

 

「死の吐息」による広範囲追加ダメージが結構便利。勇者の斧を装備しているため、青ユニットは2回攻撃で落としやすいのも優秀。飛行ユニットのため、やはりタクミが辛い。

 

 

f:id:arukublog:20170210010042p:image

クロム 赤ユニット

 

ファルシオン」による3ターンごとの回復と「太陽」による攻撃時の回復、さらに体力が下がった際の守備覚醒による耐久力で生存能力が高い。ただし魔法には弱い。

 

 

f:id:arukublog:20170210010526p:image

サーリャ 赤ユニット

 

「ラウアブレード」は自分のステータス強化分を威力に加えることが出来る。例えば味方のスキルによりサーリャの防御と速さが3ずつ上がっていたとしたらラウアブレードの威力は6上がることになる。このロマン砲に加えて「飛燕の一撃」により自身の速さを強化して追撃を行いやすくするため、相手を一撃で倒すことに優れている。

 

 

f:id:arukublog:20170210011218j:image

サクラ 白ユニット

 

「フィアー」により相手の攻撃力を下げることも可能なヒーラー。回復か妨害を選んで行動することができる器用さがあるが、回復力が治癒奥義込みでも18~20と物足りなさがあり、回復専門としたらは不十分な面がある。

 

 

f:id:arukublog:20170210011802j:image

シーマ 緑ユニット

 

重装ユニットらしく防御が高く、さらにシーマは魔防もそこそこある。ついでにスキルにより特攻無効のため一撃突破は不可能なくらいの耐久力がある。その耐久力とキラーアクスの相性は良い。ただ攻撃面が少し弱いのが残念。

 

 

f:id:arukublog:20170210012150p:image

シャロン 青ユニット

 

初期キャラだがしっかりと強くなる。味方の防御力を上げるスキルと攻撃力を上げるスキルを両方持っていて、さらに相手の攻撃力を下げる武器もある。シャロンはラウアブレードと相性が良く、シャロン1人でラウアブレードの攻撃力を11上げることが可能(攻撃の応援8+守備の鼓舞3)。攻撃力が11アップもしたら相手は溶けます。

 

 

f:id:arukublog:20170210013049j:image

タクミ 白ユニット

 

無属性のため弱点が少なく、スキルにより全距離反撃可能のため雑に扱っても勝手に活躍してたりする。攻撃も速さもそこそこ高いので相手のターンでも活躍する。ルフレからは逃げましょう。

 

 

f:id:arukublog:20170210013533p:image

チキ(子供) 赤ユニット

 

竜族はステータスが高いので特攻キャラにさえ気を付ければ生存しやすい。チキは生き残れば「爆火」という広範囲大ダメージ奥義を発動できるため、周りがファルシオン持ちを倒してあげる立ち回りしましょう。

 

 

f:id:arukublog:20170210014242j:image

ティアモ 青ユニット

 

勇者の槍と「相性激化」により赤ユニットキラーとなっている。勇者の槍により奥義が発動しやすくなっており、その奥義は自身を攻撃後に再行動可能にすること。相手の編成に赤ユニットが複数いたら1ターンで壊滅させることも。

 

 

f:id:arukublog:20170210145642p:image

ニノ 緑ユニット

 

武器の「グルンブレード」はサーリャのラウアブレードと同じ性能であり、自身のステータス強化を武器の威力に上乗せ可能。ニノは緑ユニットのため、不足しがちな緑ユニットを補えたり、ルフレやエルフィを突破する火力を出せるのが魅力的。

 

 

f:id:arukublog:20170210150003p:image

 ノノ 青ユニット

 

武器により全距離反撃が可能。竜族特有の高いステータスにより生き残りやすく反撃回数を稼げやすい。竜族はファルシオンに弱いが、ファルシオン持ちが赤ユニットしかいないので他の竜族よりは耐久力がある。

 

 

f:id:arukublog:20170210150323p:image

ピエリ 青ユニット

 

相手の守備を下げるスキルと奥義が発動しやすくなる武器、騎馬ユニットによる機動力と扱いやすいユニット。特出した点がないので闘技場よりストーリーで輝く存在だと思う。

 

 

f:id:arukublog:20170210150858p:image 

ファ 緑ユニット

 

攻撃後に味方の防御魔防を上げること、ターン開始時に相手の攻撃を下げること、引き寄せにより味方ユニットの行動範囲を増やすことなど防衛力を大きく底上げできる。ファ自身もステータスが高いだけではなく2ターン毎に体力を10回復するため生存率が高いのも良い。ファルシオンでは即死する。

 

 

f:id:arukublog:20170210151708p:image

ヘクトル 緑ユニット

 

最高クラスのステータスと、全距離反撃、反撃時に追撃発生のスキルを持ち合わせた要塞。魔導ユニットか赤アーマーキラーで強引に突破をしないと倒しにくい恐ろしさ。ガチャで引けた人はおめでとうございます。

 

 

f:id:arukublog:20170210152431p:image

マリク 緑ユニット

 

武器「エクスカリバー」 により飛行ユニットに特攻があり、マリクは魔導ユニットのため重装ユニットにも強い。役割を多く持てる器用さと共に広範囲大ダメージの奥義もあるため爆発力も期待できる。

 

 

f:id:arukublog:20170210152750p:image

マルス 赤ユニット

 

ファルシオン持ちの赤ユニットは他にもいるが、マルスは回り込みや離脱の行路による機動力がある。味方にヒーラーがいる編成ならばルキナやクロムより活躍する場面がある。

 

 

f:id:arukublog:20170210153107p:image

リズ 白ユニット

 

回復力を求めるヒーラーならば「リバース」が必須である。このリバースを覚えるキャラは現時点でリズとリフしかいない。他のヒーラーは回復技+治癒の奥義で最大回復は18~25になるのだが、リバースは味方の体力依存のため、治癒の奥義を使わなくても

 

f:id:arukublog:20170210153434j:image

 40以上回復することだって可能。このため、奥義枠を味方の攻撃力アップ技にすることが出来るのが良い。

 

 

f:id:arukublog:20170210153655p:image

リフ 白ユニット

 

回復能力だけを見ると現時点で1番優れているのがリフでる。リズと同じくリバースがあり、リズと異なるのは奥義枠が味方全体回復である。さらに回復杖を使った際に自身の体力も回復する。回復のことしか考えてない爺さんですが、何か一つに特化したユニットは育てても腐ることは少ない。

 

 

f:id:arukublog:20170210154105j:image

リョウマ 赤ユニット

 

全距離反撃が可能であり、攻撃力も高いため相手もリョウマに対して攻撃しにくくなる。中途半端に体力を減らせばスキルにより攻撃力が上がるため相手を悩ませるユニット。少し打たれ弱いのが唯一の欠点。

 

 

f:id:arukublog:20170210154537p:image

リン 赤ユニット

 

体力が半分以下になると絶対追撃可能になり、さらに攻撃力も大きく上がる。奥義は自身を再行動可能にするため、条件が整えば最高の爆発力を見せてくれる。防御力が低いので条件を整えるのが少しむずかしいですが。

 

 

f:id:arukublog:20170210154848p:image

リンダ 青ユニット

 

攻撃力と速さが良く育つので攻撃性能がかなり高い。攻撃時に味方の体力を回復する効果も便利です。オリヴィエと組み合わせてリンダの火力をさらに高めながら二回行動させるのは強力な組み合わせです。

 

 

f:id:arukublog:20170210155130p:image

ルキナ 赤ユニット

 

赤ユニットは迷ったらルキナでいいくらいバランスが良い。赤青緑竜に特攻のファルシオンに加えて自身の体力を回復できる奥義もある。マルスと比べて小回りが利かないが、それを上回るシンプルな強さがある。

 

 

f:id:arukublog:20170210155533p:image

ルフレ 青ユニット

 

無属性に対して有利相性になる武器により赤と無の2属性を見ることが可能。主にタクミ対策として使われているが、ステータスが低めの設定になっているので有利相性だからと無理をさせることはできない。

 

 

f:id:arukublog:20170210155833p:image

レオン 赤ユニット

 

騎馬ユニットによる機動力と2マス射程により攻撃可能範囲が広い。攻撃前に発動する広範囲奥義や、攻撃後に発動する広範囲スキルなどダメージを稼ぐ性能が優れている。あまり注目されていないが、レオンの攻撃は相手の次回行動範囲を1マスに制限する効果がある。これと引き寄せを利用することで射程1のユニットを完全封殺するコンボも可能となっている。

 

 

f:id:arukublog:20170210202714p:image

ロイ 赤ユニット

 

スキルにより緑キラーとして活躍する。何かに対して際立った強みがあるユニットはアクア等の再行動ユニットと組み合わせることで確実に仕事をする。またアクアの場合はアクア自身が青キラーでもあるため、キラー編成として攻撃的な戦略をすることが可能に。

 

 【2月10日、私の闘技場編成】

f:id:arukublog:20170210203249j:imagef:id:arukublog:20170210203258j:image

 

 

「ガムリールドロップアウトFEH」

FEヒーローズについての記事です。

 

f:id:arukublog:20170203173518j:image

 

f:id:arukublog:20170203173544j:image

 

f:id:arukublog:20170203173821j:image

 

f:id:arukublog:20170203174014j:image

 

f:id:arukublog:20170203173743j:image

 

f:id:arukublog:20170203174118j:image

 

 f:id:arukublog:20170203174321j:image

 

 f:id:arukublog:20170203174528j:image

 

f:id:arukublog:20170203174534j:image

 

f:id:arukublog:20170203174600p:image

 

f:id:arukublog:20170203174412j:image

 

f:id:arukublog:20170203174835j:image

 

f:id:arukublog:20170203174321j:image

 

f:id:arukublog:20170203174908j:image

 

 f:id:arukublog:20170203174942j:image

 

f:id:arukublog:20170203173407j:image

 

f:id:arukublog:20170203175316j:image

 

f:id:arukublog:20170203175401p:image

 

f:id:arukublog:20170203175435p:image

 

f:id:arukublog:20170203175610p:image

 

f:id:arukublog:20170203175627p:image

 

f:id:arukublog:20170203175700p:image

 

f:id:arukublog:20170203175733p:image

 

f:id:arukublog:20170203175805p:image

 

f:id:arukublog:20170203175839p:image

 

f:id:arukublog:20170203180224j:image

 

f:id:arukublog:20170203175932p:image

 

f:id:arukublog:20170203180023p:image

 

f:id:arukublog:20170203180210p:image

 

f:id:arukublog:20170203180252j:image

 

f:id:arukublog:20170203180513j:image

 

 

まずは聞いてほしい。

この記事を書こうと思ってFEHのプレイヤー名を

 

f:id:arukublog:20170203180823j:image

 

ガムリールにしたんだがね、

どうやら名前変更不可らしい。

 

ずっとガムリールで生きる必要があるらしい。

 

流行りアニメに便乗した名前でずっとやらねばならないのか。我はアラサーぞ!

 

 

天使らしく役立つ情報を書きます。

 

 

 f:id:arukublog:20170203181147j:image

 

昨日リリースされたFEHですが、

性能で判断するならばタクミを推します。

 

f:id:arukublog:20170203181407j:image

弓ユニットなので遠距離攻撃可能

武器特性により敵をすり抜けて移動可能

 

f:id:arukublog:20170203181600j:image

弓ユニットの弱点である近距離戦対応可能

 

f:id:arukublog:20170203181727j:image

速さダウンにより連撃されず即死しにくい

 

f:id:arukublog:20170203181923j:image

蓄積ダメージを威力変換可能

 

f:id:arukublog:20170203181943j:image

無属性のため弱点なし

 

こんな感じで隙がないんですよ。

もしリセマラするならタクミをオススメします。

 

 

その他のオススメは

 

【子供チキ】

高耐久広範囲、回復スキル持ち。要塞です。

 

マルス ルキナ ロイ クロム】

全体的に性能が高くて使いやすい。便利。

 

【カミラ】

地形効果を受けない。

同じく地形効果を受けないペガサスナイトは青が多いので相性有利で空を制する。

 

【レオン】

機動力と攻撃範囲が凄い。追撃性能も優秀。

 

【アクア】

味方を2回行動させることも出来るが、アクア自体の性能が素晴らしい。赤殺しのプロ。

 

【リン】

2回行動可能奥義を覚える。殲滅力が高い。

 

 

みたいな感じです。

まだ始まったばかりですが、よければ一緒に頑張りましょう。

 

 

「18禁パワフルサッカー」

f:id:arukublog:20170128214753j:image

 

パワサカのお知らせに突然このようなお知らせがありました。

 

f:id:arukublog:20170128214849j:image

 

f:id:arukublog:20170128215011j:image

 

なんで名前を変更したのだろう?

みんなが考える当然の疑問です。

 

そして一つの疑惑が浮上しまいた。

 

f:id:arukublog:20170128215238p:image

 

『AV女優と名前の読み方が同じだったために変更した説』

 

名前の読み方が被ることなんて珍しくないだろうと思うだろうが、この倖田さんは過去に覚醒剤やら大麻やらで逮捕歴があったので、用心して変更したのではないだろうかと。

 

それでも理由の仮説としては少し弱いです。

 

しかし、このAV女優説を後押しするものが出てきました。

 

f:id:arukublog:20170128215922p:image

f:id:arukublog:20170128215939p:image

 

『女キャラネーム。AV女優由来説』

 

その他の疑惑キャラ『パワサカ』(AV女優)

 

『ミーナ・J・紅城 』(九条美奈)
『安宅ルナ』(高井ルナ)
『音原あかね』(片平あかね、桃原茜)
『戸仲愛依』(里中愛 )
『守崎まや』(森崎まな)
『北野広海』(北野のぞみ)
『西遠すみれ』(西川すみれ)
『白瀬みなみ』(白石みなみ、綾瀬みなみ)
『枕野ひなた』(高野ひなた)

『兎塚蘭』(宇沙城らん)
『桜井あえり』(桜井あゆ、桜井えり)

 

f:id:arukublog:20170128220930j:image

 

疑惑キャラ多すぎだろ!

 

個人的にはキャラの名前由来なんて気にしないのですが、もしもこの仮説が正しかったとして既存キャラの名前を一新するようなことになるのは嫌だなーと思う。

 

今のキャラの名前で愛着あるのでね。

 

 

AVは全く見ないので自分の考えでは今回の疑惑は浮かばなかったです。気付いた人は凄い。