ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

初心者レオパ飼育記録 : 餌編

f:id:arukublog:20171018002159j:image

 

レオパを買う際に悩むのが餌でした。

レオパ自体が気に入ったものを与えてあげるのが理想なんでしょうが、全部試すのが困難なほど種類があります。

 

大きく分けるとすると

 

【生きた虫】

【冷凍されてる虫】

【人工餌】

 

となるんですかね。

そして1番管理が楽なのが【人工餌】です。

 

f:id:arukublog:20171018003652j:image

先日紹介したチューブ入りのものや

 

f:id:arukublog:20171018003909j:image

粉を水で溶かして固めて餌にするグラブパイが有名所です。

 

人工餌の良いところで管理が楽と書きましたが、これらは単純に買ってくればいいだけですので在庫把握しておけば大丈夫ってくらい。

 

ただ問題点としては他の餌にくらべて値段が高いこと。これは飼い主側の懐事情です。

 

そして『食べない可能性がある』ということ。餌として認識してくれなかったり、臭いを嫌ってしまったりで。

 

食べてくれる子には凄く頼りになる人工餌ですが、最初から人工餌を試して食べてくれなかったら焦ってしまいそうですね。

 

レオパを迎える際は店員さんに人工餌に慣れているかを聞くのも良いかもしれません。

 

 

 次に【冷凍虫】こと『冷凍コオロギ』

 

f:id:arukublog:20171018004901j:image

Amazonでも買えるんですよ!

 

餌と言えばやはり虫です。

ただ生きたままの虫を与えるのは無理!

管理しておくのも無理!

という人は冷凍コオロギを使うみたい。

 

冷凍コオロギも無理なら人工餌大先生に頼みましょう。

 

冷凍コオロギは冷凍されていても虫であることに変わりはないので餌への食い付きは良いみたいです。

 

ただ人工餌にも言えることですが、動いていないものを餌として認識しない場合があり、その際は潰して虫の体液を舐めさせたり、目の前で動かして生きているように見せるという少し技術が必要になるみたい。

 

 

 最後は【生き餌】です。

生きた虫なんですが、冷凍コオロギがあるくらいですのでコオロギは食べます。

 

コオロギ系

ワーム系(芋虫)

ゴキブリ系

 

と分けられ、ここから自分が管理しやすいものを選ぶ感じですね。

 

 

コオロギ系はよく動くので餌として認識されやすく食い付きは素晴らしいですが、動きすぎてレオパに反撃してしまう可能性があったり、管理するのが少し手間だったり。飛び跳ねますので。

 

ワーム系は芋虫なのでグロいと思う人が多いのと、餌の中では栄養価が低い方なので対策が必要になったり。その対策が面倒と感じるかどうかで。

 

ゴキブリ系は栄養もあるし管理も楽です。ゴキブリの生命力が凄いので杜撰な管理でもなんとかなってしまうらしい。ただゴキブリです。ゴキブリだから無理というのが避けられる1番の理由ですかね。私も無理です。

 

 

これらの餌はほぼ全てネット通販で買えちゃう時代ですが、ワーム系なら鳥も食べますので普通のペットショップでも買えたりします。

 

 

さて、私が選んだ餌ですが

 

f:id:arukublog:20171018010922j:image

前回記事にも紹介した通りミールワームです。

 

ワーム自体に抵抗が少ないというのもありますが、手に入りやすく管理が楽で給餌もやりやすいという点で選びました……ということではなく、レオパ買った店の店主さんが薦めたからです。初心者は従うこと大切。

 

 

f:id:arukublog:20171018011337j:image

ワームは餌をゲージ内に置いておくことで好きな時に食べればいい状態を作れるのが良いです!……と言ってました!

 

ワームだけではないですが、虫を餌にする場合は虫にカルシウムパウダーを振りかける必要があります。

 

f:id:arukublog:20171018011705j:image

虫だけではカルシウム不足になり、歩けなくなってしまったり顎の噛み合わせが悪くなったりしてしまうとか。

 

そのため、餌を与える前には虫と栄養剤をタッパーなどに入れて振り、粉を付けてからあげることが基本であり重要です。

 

 

そしてミールワームは特に栄養が少ないので、この振りかけ作業とは別に対策をします。

 

 

ミールワームに栄養のあるものを食べさせて栄養価の高いミールワームに育ててからレオパに食べさせよう』

 

ということ。

 

 

f:id:arukublog:20171018012244j:image

そんなわけでミールワーム用のケースを買ってきました。取り敢えず2つ。2つで400円くらいでした。

 

 

f:id:arukublog:20171018012403j:image

大きなケースにミールワームを入れます。

この木屑みたいのは『ふすま』といい、ワームの餌です。ミールワームを買った際に一緒に入っていますが、足りなければ別で買い足しましょう。

 

f:id:arukublog:20171018012625j:image

ミールワームが入ったケースにパン粉を入れます。これも餌としてであり、ミールワームが大きなります。

 

ワームが食べやすいようにザルとかで細かいものを入れる方が良いみたい。個人的には100円均一とかで買える味噌こしが使いやすかったです。

 

ワーム管理の大半はこれでおしまいです。

 

 

f:id:arukublog:20171018013024j:image

小さい方のケースは翌日食べさせる用のワームを移しておく場所です。

 

小さいにワームを移したら

 

f:id:arukublog:20171018013202j:image

カルシウム剤や

 

f:id:arukublog:20171018013228j:image

カメの餌(カルシウム目的)

 

を入れて前日から食べてもらう感じで。

 

大きいケースで管理して、前日に食べる分だけ小さいケースに移して栄養を与える流れ。

 

この作業が面倒ではなく、ワームの見た目も苦手でないならワームを選んで良いかもしれません。

 

 

 

 

 そして餌やりの時がきました。

 

 

というか初日にも餌をあげようとしたんですが、食べなかったんです。

 

で、調べてみたら環境が変わったばかりだと食べない場合がある。レオパはしばらく食べなくても大丈夫な生き物だから安心して良いという記事がたくさん見つかり、みんな同じ苦労を

してきたんだなーと。

 

 

2日目、食べず。

環境変化して1週間くらい食べない場合があるらしいし、水は飲んでいたので様子観察。

 

 

3日目、食べず。

さすがに不安になりました。食べないことがあると知っていても迎えてから1度も食べる姿を見てないと不安に。待つことしか出来ないのも不安が増します。

 

 

4日目

 

f:id:arukublog:20171018014229j:image

食べた。

 

この日は餌のあげ方を変えました。

今まではピンセットで餌を顔の前に近付けたり、ケース内の餌入れに入れておいたりしましたが、

 

餌入れの中にあるものが餌だと気付いてないような気がしたのとピンセット慣れしていないと思い、

 

目の前にミールワームを落としました。

 

https://twitter.com/10oga10/status/920247510328733696

 

その時の状況を撮影したものを上記ツイッターに投稿してあります。

 

1度食べたら餌と分かったのかかなり食べてくれました。かなり安心。

 

食べない原因を自分で探っていくのも醍醐味と聞きますが、安堵が凄い。

 

 

色々悩みつつ調べつつ長い付き合いをしていこうと思いました。

 

 

 

初心者レオパ飼育記録 : お迎え編

f:id:arukublog:20171014205517j:image

 

10/14

本日、ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)を迎えました。

 

爬虫類飼育経験がない初心者でも比較的簡単で入門向けとも言われている種類です。

 

私自身、爬虫類を飼いたいと考えていましたが経験がなかったので最初から無理をするとお互いに辛くなってしまいそうなので、素直に初心者オススメ種から選ぶことに決めていました。

 

とは言ったものの知識がありません。

 

f:id:arukublog:20171014211159j:image

マンガは爬虫類に対する敷居を下げてくれ、最終的に後押しとなる切っ掛けになりましたが、マンガ知識だけでは不安です。

 

「店で教えてもらおう」

 

詳しいことは詳しい人に聞くのが一番です。

 

しかしここが最初の難関です。

 

 

『爬虫類専門店に入る勇気が出ない』

 

 

小動物とかならホームセンターでも取り扱ってますし大型店舗の明るいイメージが想像できますが、爬虫類を取り扱う店を考えると爬虫類の性質上から暗くて静かな店をイメージしてしまいます。

 

自分が知らないだけかもと思い、県内の爬虫類専門店を調べてみますと

 

f:id:arukublog:20171014214324j:image

f:id:arukublog:20171014214333j:image

f:id:arukublog:20171014214349j:image

店のロゴやHPが黒い!怖い!

 

中2病心を疼かせる前に怪しさから不安な気持ちが出てきてしまいました。店の評価は凄く高かったんですが、怖さだけで避けてしまいました。申し訳ない。

 

この県内爬虫類ショップ紹介サイトで、1つ気になる店がありました。

 

f:id:arukublog:20171014220636j:image

それが今回お世話になった「うぱるぱ屋」さんです。

 

店名が良いですよね。

 

f:id:arukublog:20171014221043j:image

「うぱるぱや」

 

みたいな。ツイッター層に人気出そうな名前。

 

 

で、この店が気になって調べてみたら駅から近かったので電車で行きやすく、店の雰囲気も良さそうだったのでこの店に。

 

 

f:id:arukublog:20171014223117j:image

そして本日、素晴らしい天候に恵まれ、電車で新検見川へ。いやぁ〜寒かった!超寒い!

 

 

 f:id:arukublog:20171014223538j:image

店はホームページにあった地図を見ればすぐに場所が分かりました。

 

店内は撮影していませんが、爬虫類まみれでした。

 

まず入ったところで何をしていいのか分からなかったんですが、店主さんがこちらの状況を伝えるとしっかり対応してくださり、

 

選び方

飼育方法

注意点

 

全てを分かりやすく説明してくださいました。

 

で、大満足の帰宅。

 

ここからは買ったもの紹介。

 

f:id:arukublog:20171014224325j:image

飼育スターターセット的なやつ。

基本セットを買わなくても自分でケースとかパネルヒーターを用意すれば大丈夫だし安く済ませることも可能なようですが、それらを自分で選ぶことで悩むくらいならとこちらを購入。

 

中身は

 

f:id:arukublog:20171014225104j:image

パネルヒーター。凄く薄い。

コンセントに差すだけで使える。

 

f:id:arukublog:20171014225150j:image

シェルター。隠れ家みたいなやつ。

ジャガイモみたい。

 

f:id:arukublog:20171014225240j:image

水入れ。倒れにくい設計らしい。

 

f:id:arukublog:20171014225346j:image 

 温度計と湿度計。

ケース内に貼り付けるアナログタイプ。

 

f:id:arukublog:20171014225559j:image

あとは飼育方法とかゲージセット方法とかの説明書。

 

これで1万円でした。

全部必要なものなので高い安いは気にならず。

 

自分で用意する方は水入れとかなら100均で適当な容器買えば良いですし、ケースもペット用品店に置いてあるのでそこまで大変ではないかも。

 

パネルヒーターとシェルターは買える場所が限られますが、一応はAmazonでも買えちゃいますので問題ないかも。

 

 

その他で買ったものは

 

f:id:arukublog:20171014230318j:image

ピンセット。なんか超デカかった。

竹素材だから少しの力でも挟みやすいみたい。

 

 

f:id:arukublog:20171014230501j:image

餌入れ。

活き餌のミールワームが逃げられない構造になっているようです。

 

 

f:id:arukublog:20171014230604j:image

餌。

餌の種類についても説明していただきましたが、店主さんが勧めていたのがワームだったので従いました。

 

餌は人工餌、コウロギ、ワームなどありますが、拒否が少なく扱いやすいからとワームが良いとのこと。

 

ただミールワームは栄養が少ないため、ミールワーム自体に栄養のある餌を食べてもらい、それで育ったミールワームを食べさせると良いらしい。

 

f:id:arukublog:20171014230859j:image

そのミールワームに食べさせる餌に混ぜると良いのが亀の餌なんですって。

 

カルシウムがとにかく大切らしく、亀の餌には亀が甲羅を作るためのカルシウムが豊富に含まれているんだって。なるほどなるほど。

 

 

f:id:arukublog:20171014231440j:image

こちらは餌を食べさせる前に餌に塗す栄養

カルシウムとビタミン

 

f:id:arukublog:20171014232019j:image

飲み水に混ぜるカルシウム

 

どんだけカルシウム摂らせるんだよと思っちゃいますが、カルシウム不足だけは絶対に避けなければならないので過剰なくらいが丁度良いそうです。

 

 

f:id:arukublog:20171014232214j:image

 ピンセットで餌を入れる

ピンセットは餌をくれると覚える

ピンセットから直接餌を食べるようになる

 

と進めば人工餌が役立つとか。

人工餌はこれだけで栄養が足りるようになっているため、面倒な用意が必要なくなります。

 

 

f:id:arukublog:20171014232515j:image

床材。砂漠の砂です。

床材はキッチンペーパーや新聞紙でも問題ないみたいですが、見た目を気にして砂に。

 

砂にも種類があって消臭効果が高いものもありましたが、ポピュラーなやつを無難に。

 

 

f:id:arukublog:20171014232842j:image

消臭スプレー。そのまま爬虫類ごと吹きかけても害がないやつ。元からあまり匂わないですが一応あれば便利らしい。

 

買ったのはこれくらいですね。

スターターセットとこれらで合計17,000円くらいでした。

 

 

あとは固体。

 

ヒョウモントカゲモドキには様々な模様、色がいます。そして10年以上生きます。

 

自分が店頭で一目惚れした子が一番良い選択だと思いますので、これはあまり事前知識を持たずに店頭で決めました。

 

f:id:arukublog:20171014233540j:image

 

値段はノーマル種で4000円くらいのものから貴重な種類で数万円するものまで。

 

私が選んだ子は12,000円でした。

 

 

そんなわけで飼育環境一式で大体30,000円。

 

 

飼育ケースをセットします。

 

f:id:arukublog:20171014234014j:image

パネルヒーターはケースの底面積1/3か2/3くらいなるようにセットしますが、このセットだと最初から丁度良いような設計になってました。

 

f:id:arukublog:20171014234224j:image

砂入れたり物置いたりしただけでそれっぽくなりますね。

 

 

f:id:arukublog:20171014234318j:image

そしてケース内に!

 

 

知っていたから飼いたくなったんですが

 

 

 

超可愛いですね!

 

 

 

想像していたより敷居が低かったので、自分も飼いたいと考えていた方の後押しになれたらと思います。

RAGE当選&グラマス到達などの報告

f:id:arukublog:20171013235517j:image

3大会連続出場となりました。

集合時間が早いために前日入りしなければならないため、ホテル代くらいは稼ぎたいです。

 

10/11 GM到達しました。

f:id:arukublog:20171014000048j:image

使用デッキは8割くらいロイヤルでした。

今の環境は原初ドラゴンが強いと言われていますが、どのリーダーでも活躍できる可能性があって遊びやすい環境だと思います。

 

f:id:arukublog:20171014000325p:image

現在使用中のロイヤルです。

相手によって優先すべきマリガンが分かってきたら扱いやすいと思います。

 

RAGEはロイヤル+αで出る予定です。

間違いなくドラゴンが多いと思うので、ミラーマッチしたくないからドラゴンは避けると思います。

 

 

f:id:arukublog:20171014000928p:image

バンドリの現イベントも並行して頑張ってます。氷川のお姉ちゃん大好きでして、イベント告知ツイート見た時に

 

「次のガチャ☆4、お姉ちゃんじゃん!」

 

と金を用意したんですが、まさかの☆3で行き場のない情熱をイベントに叩き込みました。

 

初日は30位くらいまで上がったんですが、身体に負担があったようで左手首を負傷してしまい順位維持を諦めました。

 

バンドリ上位勢の手首は鋼鉄なんですかね?

 

 

 

 

唐突ですが爬虫類飼います。

 

以前から飼おうと計画していたのですが、なかなかタイミングが合わず、そんな中で爬虫類漫画読んでたらどんどん欲望が膨れ上がってしまい、

 

「シャドバのグラマスなったら自分の御褒美に爬虫類買うぞ」

 

と決めたのです。そして早く飼いたいからシャドバ頑張りました。皆さんも自分に御褒美ぶら下げて走りましょう。

 

爬虫類に関しての流れは後日に別記事にて詳しく書きます。

 

 

透明のミルクティーは不味い。

BOSSのクラフトラテは美味い。

いたストの体験版楽しいです。

来月はドラクエライバルズもやります。

メイドインアビスは良いアニメでした。

 

以上です。

 

 

 

セブンイレブンでガム買うとスプラトゥーン2のギアが貰えるキャンペーンについて

f:id:arukublog:20170719064730j:image

対象のガムとかミンティアを2個買うと缶バッチが1つ貰えます。バッチだけでなくゲーム内で使用できるギアが2つ付いてきます。

 

f:id:arukublog:20170719065013j:image

このキャンペーンですね。

 

 ちなみにバッチ1つでギア2種類貰えるのでギア目的の人はバッチ1つで問題ありません。

 

この特典ギアは何なのか?

 

f:id:arukublog:20170719065354j:image

復活短縮とジャンプ短縮

 

ぶっちゃけ性能面だけなら弱いです。

コレクション用になりそうですね。

 

f:id:arukublog:20170719065630p:image

ちなみにこのギアは今回のガムキャンペーン以外にも入手方法があり、

 

http://7net.omni7.jp/general/010007/170518splatoon

 

セブンイレブンスプラトゥーングッズを買ってもギアコードは手に入ります。

 

ただグッズよりガムの方が安いのでギア目的ならガムキャンペーンを狙いましょう。

 

 

【注意点】

缶バッチは各店舗24個(6種類×4個)しかありません。早めに確保しましょう。

 

ギアのコードは共通ではありません。

 

f:id:arukublog:20170719072021j:image

コードはこのように書いてあるのですが、缶バッチ1つずつ全てコードは異なるためにコードの使い回しは出来ません。

 

以上のことから限定数のあるギアとなっています。

 

 キャンペーン開始日は7/18でした。

すでに終了した店舗も多々あります。

見掛けたら確保しましょう。