ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

セブンイレブンでガム買うとスプラトゥーン2のギアが貰えるキャンペーンについて

f:id:arukublog:20170719064730j:image

対象のガムとかミンティアを2個買うと缶バッチが1つ貰えます。バッチだけでなくゲーム内で使用できるギアが2つ付いてきます。

 

f:id:arukublog:20170719065013j:image

このキャンペーンですね。

 

 ちなみにバッチ1つでギア2種類貰えるのでギア目的の人はバッチ1つで問題ありません。

 

この特典ギアは何なのか?

 

f:id:arukublog:20170719065354j:image

復活短縮とジャンプ短縮

 

ぶっちゃけ性能面だけなら弱いです。

コレクション用になりそうですね。

 

f:id:arukublog:20170719065630p:image

ちなみにこのギアは今回のガムキャンペーン以外にも入手方法があり、

 

http://7net.omni7.jp/general/010007/170518splatoon

 

セブンイレブンスプラトゥーングッズを買ってもギアコードは手に入ります。

 

ただグッズよりガムの方が安いのでギア目的ならガムキャンペーンを狙いましょう。

 

 

【注意点】

缶バッチは各店舗24個(6種類×4個)しかありません。早めに確保しましょう。

 

ギアのコードは共通ではありません。

 

f:id:arukublog:20170719072021j:image

コードはこのように書いてあるのですが、缶バッチ1つずつ全てコードは異なるためにコードの使い回しは出来ません。

 

以上のことから限定数のあるギアとなっています。

 

 キャンペーン開始日は7/18でした。

すでに終了した店舗も多々あります。

見掛けたら確保しましょう。

Splatoon2におけるイカマスについて

f:id:arukublog:20170715231434j:image

 

初代Splatoonの時にSplatoonを遊んでいるアイマスプロデューサーを集めて一緒に遊んでみては楽しいのではないかと考え、いくつか企画を実行してきました。

 

計画を実行に移した理由としては、私のTwitterタイムラインでイカを遊ぶプロデューサーが数多くいましたが、それぞれ別々に遊んでいたので『勿体無い』と感じたことが切っ掛けです。

 

『交流』をメインテーマとして活動してきた企画であり、その趣旨から大きく外れないように運営を心掛け、そして目標に到達したために私が企画するイカマスは終了となりました。

 

『出会いの場の提供』と『自然発生する派生企画』を目標としており、つまりは参加者同士でフレンド増やして企画外でもプラベ等で自然と集まれるような空間の作成を目指していました。

 

私自身も大掛かりなことしないで普通に気軽に遊べるような環境が欲しかったこともあります。

 

 

この目標は比較的初期段階でクリア出来たのですが、新たな課題が見付かったので、その課題の解決策を用意できるかを試すこともあり、目標達成後もしばらく企画を続けました。

 

 

『熱量の相違』という問題がありました。分かりやすく言えば勝ちに拘る人と参加自体を楽しむ人のどちらに寄せるべきか。また双方の妥協案を用意することは可能なのかと。

 

そのジンテーゼに対する答えを探していました。

 

そもそも企画の原点は『交流』でした。

そのために勝敗よりも楽しさを追求するべきなのが企画としては正しかったのでしょう。

 

ただここに誤算があり、企画参加者のプレイヤースキルが高く、真剣に勝負をすることでの『楽しさ』が参加する楽しさと同等くらいの需要となりました。

 

各企画後に参加者が企画における自身の反省点をツイートする場面が多々あり、この勝負面を際立たせるものへの必要性を感じました。

 

 

しかしながら交流をメインテーマとして募集を開始してきた企画を完全なバトルステージに切り替えることは不可能であり、何より申し訳なさがありました。

 

参加は個人応募でチームは運営側が抽選で振り分ける仕組みにしていたのは『交流』や『出会い』を重視した部分であり、内容にガチルールの総当たり戦を採用したのが『勝負』を重視した競技性の確保でした。そのために無駄に下準備がある内容になってしまったんです。

 

その後、両立が困難と判断を下し、交流としての目標は達成していたので私が企画するイカマス企画は終わらせていただくことにしました。

 

 

企画を閉じてから1年くらい経過した時にSplatoon2の情報が出ました。

 

そこから何度か考えました。

またイカマスをやるのか?と。

 

結論を書きますと、

 

 

私が企画するイカマスはやりません

 

 

となります。

 

やる気の問題ではなく、検討した結果ですのでその理由を少し。

 

 

■おっさんが主体になるのは駄目だ!

私もアラサーです。若い人とは感性がズレてきます。おっさんが上にきて発言しにくいような環境よりも適した状態があるはずです。

 

 

■範囲と深さ

以前のイカマス企画は回数が増えるにつれて初参加者が入りにくいような状況にしてしまいました。交流をテーマとしていたので、交流が先に進んだ結果のため悲観することでもないのですが、段々と狭く濃い場所へとなりました。

 

この傾向を長く繰り返すと所謂『身内ネタ』みたいなものが多く発生していきます。

 

そのためには募集テーマ自体を変えて環境をリセットするか前回を1期として次回を2期と区別して参加制限するか等の対策がありますが、参加者制限の先に交流はないですね。

 

そのため、もし私が企画することがあっても前イカマスと同じような募集内容にはならないと思います。

 

ただやはりおっさん主体企画という点があるので『絶対に〇〇した方が楽しい』みたいな状況にならないと企画自体はやらないです。

 

 

■勝負方面へ

最後は個人的な理由なんですが、この歳になって対人ゲームで真剣勝負をして買って喜んだり負けて悔しがる楽しさにハマりました。

 

私は戦いたいです。

今まで一緒に遊んでくださった方々、よく知っている方々とも真剣に敵として戦ってみたく思います。

 

運営側がチームを決めるのではなく、各自がチーム組んで練習を積んだ状態で対抗戦がやりたいのです。

 

 

私が企画するイカマス企画と書きましたが、イカマス自体は参加者全員で作り上げてきた空間であり、さらに言えばイカやってるプロデューサーなら全員が共通点を持っているので個人のものではありません。

 

前イカマス最終回後に後の展開は自由と書きましたが、それは今後も同じスタンスです。この題材で好きなように交流し、企画が生まれることを望みます。

 

その際に参加者として活躍できるような腕前と主催経験者としての知識を用意できたらいいなーと。

 

 

長くなりましたが、イカマスに関わってくださった方々に改めて

 

 

ありがとうございました。

シャドバ、GM到達に使用したデッキ

f:id:arukublog:20170710220033p:image

7/10(月) 16:00 GM到達

 

最終日に使用したデッキは

倉木ヴァンプ

ファントムキャットヴァンプ

です。

 

 f:id:arukublog:20170710225155p:image

まずは超流行っている倉木ヴァンプについて。

私はレナス様のデッキを参考にして自分用にカードを入れ替えました。

 

 

倉木ヴァンプにも色々と違いがあります。

 

◾️1コストフォロワーの有無

私は必須だと思います。

 

トーヴを起動させるスイッチになることもありますが、自分がトーヴを引けなかった時に1コストフォロワーがあれば相手が出すトーヴを緩和させやすいことがあるからです。

 

1コストフォロワーを1ターン目に出さずに3ターン目にトーヴと合わせることで

 

f:id:arukublog:20170710221343j:image

f:id:arukublog:20170710221435j:image

 f:id:arukublog:20170710221448j:image

f:id:arukublog:20170710221458j:image

 かなり盤面が有利にできるのも魅力的です。 

 

 

◾️ユニコの有無

f:id:arukublog:20170710221824p:image

今のヴァンプは復讐によりメリットを生むカードがほとんど採用されていません。

 

それは倉木が簡単に大ダメージを叩き出してくるので体力を多く残すことが重要な環境になっているからですね。

 

そうなるとユニコの回復はかなり強いです。

1コストフォロワーを採用しない方は代わりにユニコを採用している方が大半です。

 

 

◾️一裂きor飢餓

f:id:arukublog:20170710222345p:image

一裂きのメリットは顔にも飛ばせることであり、今の環境ではこのメリットが重要となり一裂き派が多いです。

 

倉木ヴァンプの対策が進み、倉木を潜伏状態で寝かせることが難しい状況になることが多々ありまして倉木でも火力不足な場面が増えてきました。

 

そのため、

 

f:id:arukublog:20170710222725p:image

8+別手段火力で倒すというルートを増やす必要があり、その別手段火力を安定させるためにも一裂きは有能です。

 

 

f:id:arukublog:20170710223140p:image

飢餓は自傷がないために体力維持が楽なこととニュートラルフォロワーの複数展開が多い環境なので複数体巻き込める可能性があることが強みです。

 

一裂きも飢餓も相手の2ターン目トーヴ対策としての役割が大きいので、その役目だけを見たら飢餓が優秀であり、後半に引いても活かせやすいのが一裂きです。

 

 

◾️ミニゴブor御言葉

f:id:arukublog:20170710223644p:image

2コストフォロワーは優秀なカードが多いのでミニゴブが輝きやすいですが、1コストフォロワーを採用しているデッキだと少し期待値が下がりますね。バフォメを安定供給して倉木を呼びやすくできることが強いです。

 

f:id:arukublog:20170710223850p:image

御言葉は1コストフォロワーが採用されているデッキの場合の3コスト枠です。その理由は後攻の強さであり、自分が1ターン目に1コストフォロワーを出しておくと1コストフォロワーの1点ダメージと御言葉効果で相手フォロワーを倒せる場面が多いので盤面が不利になりにくいです。

 

 

 ◾️アルカードorドミネーターorエメラダ

f:id:arukublog:20170710224803p:image

4点疾走しつつ復讐状態なら回復もできる。

アグロ系が流行り、復讐状態に入れてくれやすい環境なら分かりやすい強さがありますね。

 

f:id:arukublog:20170710225448p:image

ソウルドミネーターは復讐状態に入れてもらえそうもない環境なら完全にアルカードの上位互換です。4点疾走という重要な部分は同じなので環境で判断して入れ替えましょう。

 

f:id:arukublog:20170710225921p:image

エメラダは復讐状態にならないと疾走は得られないためリーサル手段での安定化がありませんが通常効果で相手の守護を破壊できるため倉木攻撃の決まりやすさがあります。もし疾走まで起動したら凄まじい強さです。

 

かなり復讐状態になりやすい環境

エメラダ

 

復讐状態になることがある環境

アルカード

 

ほとんど復讐状態にならない環境

ソウルドミネーター

 

みたいな判断で入れ替えて良いと思います。判断が難しかったらアルカードで問題ないです。

 

 

◾️倉木枚数2or3

f:id:arukublog:20170710230645p:image

エンハンスバフォメ経由ではなく普通に8ターン目で召喚することが増えた倉木。1試合で2枚使うこともあるために3枚入れておけば安心感ありますが、序盤に引きたくないですし、エンハンスバフォメ経由で呼びたいですね。

 

f:id:arukublog:20170710231043p:image

2枚積みだとこんな時に死にたくなりますが、こんな場面は滅多にないので2枚あれば足りると思います。

 

 

◾️クイーンヴァンパイアの有無

f:id:arukublog:20170710231421p:image

このカードはヴァンプミラーでの相手の倉木をを封じるためだけに1枚入れておくみたいな立ち位置ですね。

 

f:id:arukublog:20170710231644p:image

エンハンスバフォメで倉木を呼ぶ人は倉木に進化権を残しておきたくなります。そんな時に守護を2匹並べると守護処理をするのが難しくなります。

 

相手の倉木に対するクッション役の守護カードがグリームニルだけだと頼りないので御守り枠ですね。

 

 

取り敢えず倉木ヴァンプといってもこれだけの違いがあります。

 

私がこのデッキを使ったのは

 

アリス採用のニュートラル型デッキに対して後攻でも戦いやすいように『1コストフォロワー』を採用して、その1コストフォロワーと合わせて盤面を取りやすい『御言葉』は必要と。倉木対策としてリーサル逃れをしっかりしてくる人が増えたためにルートを増やす『一裂き』と安定した疾走能力の『ソウルドミネーター』を選択して臨機応変に対応しやすいように

 

という理由です。

 

 

f:id:arukublog:20170710233218p:image

次にファントムキャット型を。

 

こちらはとにかく手札事故が少ないストレスフリーなデッキで1番使っていました。

 

まずどのデッキにも言えますが、フォロワー展開してアリスに繋げれば最強です。倉木ヴァンプも倉木を使わないでアリスで勝つことがかなり多いくらいです。

 

そうなると本当に対策すべきはニュートラルフォロワー展開だと思い、

 

f:id:arukublog:20170710233815p:image

最強の1コスト除去に出会いました。

 

f:id:arukublog:20170710234047p:image

ゴブリンリーダーは本体は倒されやすいですが生み出されるゴブリンは生き残りやすいので牙付けて盤面を有利にできます。

 

f:id:arukublog:20170710234243p:image

進化後に攻撃5以上になるフォロワーが多い環境なので普通に活躍している山岳隊長に牙を付ければ6コスト突進で好きな相手を一方的に倒せたりと。

 

f:id:arukublog:20170710234552p:image

あとはバフォメットを2コストフォロワーとして出しても問題ないという点が倉木ヴァンプより動きやすいです。倉木ヴァンプは序盤に2コストで召喚して8の倉木を呼ぶようなことをしてもほとんど意味がないですが、ファントムキャットは6で出すだけで強いのです。

 

f:id:arukublog:20170710235103p:image

2ドローによるダメージはオマケみたいなもので、手札補充と高スタッツが優秀です。相手の進化権を消費させることが出来ます。

 

このデッキでは山岳隊長や変装の牙などで進化を使わずに盤面を取れるカードが多いために進化権を残せやすいこともあり、少しずつ相手を不利状況に追い詰めることが可能です。

 

f:id:arukublog:20170710235619p:image

ファントムキャットで手札が増えればヘクトルも活かせやすいですね。普通に5ターン目でも効果が狙えるようなニュートラル29枚編成なので、4ターン目アリスからの5ターン目ヘクトルで5/5/5 守護  好きな場所に3点という化け物を設置してやりましょう。

 

 

【最後に】

おそらくヴァンプのカードは何枚かナーフされます。それくらいヴァンプが抜け出してます。

 

ヴァンプを使うか

ヴァンプを対策するか

 

という二択になっている時点で変な環境ですし、対策デッキですら対策しきれていません。

 

 

 f:id:arukublog:20170711000339p:image

突進が削られるか2/3/2になる気がします。

先攻2トーヴからのゴブリンリーダーを防ぐ手段がほとんど存在しないのは酷いかも。

 

f:id:arukublog:20170711000557p:image

もしかしたら巻き込まれる形でナーフされそう。先攻ゴブリンリーダーからのアリスを防ぐ手段がほと(ry

 

f:id:arukublog:20170711001013p:image

ライトニングブラストという前例があるのでエンハンス没取がありえそう。エンハンスバフォメで呼べないと倉木はそれなりに減りそうです。

 

いつになるか分かりませんが、ナーフされた後に走るか今のうちにヴァンプのヤバい部分を堪能して走り抜けるかという状況なのでどうせなら走り抜けてみませんか?

 

 

 

前回大会に続き、次回のRAGEも応募しました。

 

 

シノアリス、序盤の総合値稼ぎ方法

f:id:arukublog:20170614134532p:plain

どうせ課金なんでしょ?と嘆く前に。

続きを読む