ガムログ

いいかいベル君、課金は勢いが大切なんだぜ。

バーチャル肩書きが欲しい人の話

古い友人達が口を揃えて

 

「なにやってるんだよwww」

 

と笑ってくるようなことを先日やりまして。

 

個人的には計画的に準備をしていたのですが、他者から見たら驚きが大きかったようです。

 

バーチャル化しました。

 

f:id:arukublog:20190319143101j:image

 

理由というか言い訳はですね、

 

◾️ Twitter更新を定時更新にしている

◾️ 私の口調は少し堅苦しさがある

 

などの理由から近寄りがたい、話しかけづらいアカウントになりつつありました。

 

これを改善するために自身をキャラクター化させようと考えたのです。

 

定時更新するキャラクターとなることでコンテンツ化すること。

 

そしてキャラクターとして生きることで堅苦しい口調もなんとかなるだろうと。

 

 

せっかくキャラクター化させるならばキャラクターデザインもプロに頼もう!となり

 

f:id:arukublog:20190319144154j:image

 

本格的すぎたwww

 

となったわけです。

 

この活動転換は現時点ですごく好調であり、目に見える形としてはふぁぼ数値が右肩上がりなので感謝しかない状況です。

 

問題点をあげるとするなら

 

Vtuberを名乗れないこと

 

です。

 

Twitterの堅苦しさを取り除くという目的のキャラクター化であったので、それ以上の望みはなくYouTubeでの活動もありません。

 

しかしバーチャル=Vtuberみたいな考え方、捉え方をする人はそれなりに多いです。

 

Vtuberと名乗れるなら自己紹介が超簡単になるんですけどね。

 

そうなるとTwitterで活動してるから

 

Virtual Twitterer

 

とかなって、それを略して

 

Vtwitterer

 

と書くのが正しいのかもしれません。

 

 

でもTwittererって言葉自体が広まっていなく、単語の終わり方がererってなんかむず痒い。

 

Vtwi  または  VTwi

 

くらいならごちゃごちゃしていないが、

これで意味は伝わるのかは不明ですね。

 

 

そもそも何故肩書きが必要なのかですが、

 

 

f:id:arukublog:20190319173347j:image

 

この情報量だけだと何の人か分からない。

プロフを読んでもらえればって考えもありますが、そのプロフを読まれるかの判断はアイコンと名前で判断されるのでして。

 

 

そんなわけでVtuberではないバーチャル活動者の肩書き一覧とか、登録するサイトがあると助かるなーと思っている活動10日目の新人バーチャルナントカでした。

 

 

 

ジャングルハンター に行ってきました。

f:id:arukublog:20190218095126j:image

 

2/17 (日) 原宿 にて開催のイベント

 

前回の記事からの続きのようなものですが、フクロモモンガをお迎えすべき参加しました。

 

 

その前に当日までの事前準備を少し書きます。

 

 

ケージ作り

 

f:id:arukublog:20190218100833j:image

メインとなる部分はこちらのアクリルケージを採用しました。保温力と手入れの簡単さを重視しての判断です。

 

f:id:arukublog:20190218101011j:image

組み立てるのは簡単でした。

 

ここから内装です。

 

f:id:arukublog:20190218101208j:image

木を入れます。

これは登って運動するためでもありますが、爪とぎの役割も兼ねてます。

 

 

f:id:arukublog:20190218101327j:image

ヒーターとサーモ。

爬虫類用と比べると半額くらいかも。

 

 

f:id:arukublog:20190218101544j:image

その他に回し車や寝袋、パネルヒーターや水入れなどをセットして完成。

 

総額35,000円くらいでした。

金網ケージ採用だとこれよりも1万円くらい安いかもしれません。

 

 

f:id:arukublog:20190218102344j:image

イベント当日の話。

 

ジャングルハンター の開催時間は

 

先行入場(1000円)10:00〜

一般入場(500円)  12:00〜

 

となります。

 

大規模イベントではなく、比較的小規模なイベントであるため出店数はそこまで多くなく、そのため参加者多数による混雑ということもないため、まったり楽しめるイベントです。

 

個人的な意見ですが、事前にお迎えすることをある程度決めている場合は素晴らしいイベントと思いますが、見て楽しむ場合ならば出店数が多い大規模イベントの方が楽しめると思います。

 

 

今回のジャングルハンターではフクロモモンガを取り扱っている店は3店ありました。

 

f:id:arukublog:20190218105322j:image

そして私は事前にこの『RepStyle2』で迎えようと決めました。

 

過去のツイートの雰囲気が良かったのと、私と同じくジャングルハンター初参加という点の親近感により。

 

 

f:id:arukublog:20190218095126j:image

お迎えするなら先行入場ですね!

そんなわけで開場20分くらい前に到着。

 

 

上限金額はあまり定めたくないですが、決めておかないと金は溶けてしまうので今回の予算は7万円とします。

 

 

この予算はモモンガを迎えるのに対して多いのか少ないのか。

 

モモンガはイベントだと15,000〜80000円くらいの価格を見ることが多いです。

 

おいおい幅が広すぎだろ!ってなりますが、それはどんな生き物にも当てはまります。

 

モモンガの場合、白系統の毛色をした子の人気が高く、そしてそれなりに高価です。

 

高いだけあって人気なのも分かるくらい可愛く、私も白系を候補に考えでした。

 

そして実際に迎えた子は

 

 

 

f:id:arukublog:20190218112520j:image


f:id:arukublog:20190218112513j:image


f:id:arukublog:20190218112517j:image

 

それほど白くないという。

 

種類は『モザイク』です。

十人十色の模様となると言われてるようですが、お迎えの決め手は単純に

 

 

『グレーも可愛いな…』

 

だけです。

 

生後4ヶ月ほどのヤング個体です。

これくらいの時期から人に対する興味が強く出てくるため、少しずつ慣れてもらえるようにします。

 

 

 

 

 

予算がかなり余ってしまったので

 

f:id:arukublog:20190218113625j:image

タツノオトシゴ標本を買ったり、

 

f:id:arukublog:20190218113702j:image

カエルのアイスを食べたりしました。

 

 

 

次回のイベント参加は5月です。

 

f:id:arukublog:20190218114138j:image

 

カエルのお迎えを計画中です。

 

 

 

 

 

フクロモモンガ お迎え計画 【前編】

f:id:arukublog:20190131231816j:image

2/17 のジャングルハンターに参加します。

 

生き物イベントに何度か参加してきましたが、ジャングルハンターは初です。

 

 

Q.何故ジャングルハンターに参加するの?

 

A.2月開催の東京イベントはこれだけだから。

 

 

f:id:arukublog:20190131232844j:image

 

いや、あったぞ!

 

むしろこっちの方が規模デケェじゃねぇか!

 

 

タワレプの存在を知ったのは2/1、前日。

行くことだけなら可能ですが、

 

まだ準備なにもしてないよ!!

 

 

少なくとも1週間前にはお迎え準備を完璧にしておきたいという考え方をしているので、タワレプは無理をするお迎えになってしまいます。

 

私にも生き物にも良くないですね。

 

 

 

話を戻してジャングルハンターです。

 

今回の目的はフクロモモンガです。

 

f:id:arukublog:20190131233831j:image

ぶっちゃけ出品されるか分かりません。

多分されるだろうと信じての計画です。

 

フクロモモンガって爬虫類関連のイベントだと95%くらいの確率で見かけます。

 

爬虫類ショップでも小動物でフクロモモンガだけ扱ってる店もあったりと。

 

飼育用品が近かったりするので一緒に扱いやすいのが理由なんでしょうかね。

 

5年ほど前からリスかモモンガを飼いたいと思っていました。

 

立体的に動く小動物が好きなんです。

 

しかしその当時はペットを育てるよりも自身の子育ての方で手が回らずに余裕がなくて諦めてました。

 

そして子育てが少し落ち着いた頃に爬虫類にハマってしまい現在に至ります。

 

 

タイミングが合わなかったんです。

理由はそれだけ。

 

 

そして今年の今の時期、私には余裕がある。

時間も、金も、何もかも!

 

 

気持ちが変わらないうちに、

急な案件が入らないうちに、

 

迎えに行きます!

 

 

フクロモモンガ とは?

 

f:id:arukublog:20190201001117j:image

 

体長 12cm〜15cmくらい

寿命 5年〜

餌は雑食。専用フードも多く販売。

たくさん動くので背の高いケージが必要。

 

 

飼い方、飼育用品

 

代表的なケージは2種類あり、

金属ケージとアクリルケージ。

 

f:id:arukublog:20190201001718j:image

金属ケージの特徴は

 

アクリルケージより安い(半額くらい)

通気性が良い

飼育用品が取り付けやすい

保温性は低い

ケージの周辺に餌や糞が飛び散る可能性あり

 

 

f:id:arukublog:20190201001947j:image

アクリルケージの特徴は

 

値段が高い

通気性が悪い

匂いが篭りやすい

保温性が高い

掃除が簡単

金属ケージよりは軽い

 

 

です。

どちらも長所短所があるので飼育者の好みで選んで良いと思います。

 

今回の私はケージ周辺を汚されたくないという理由が強かったのでアクリルケージを採用しました。

 

 

保温器具

 

フクロモモンガは18℃〜28℃で飼育します。

冬場は保温器具が必要となります。

 

f:id:arukublog:20190201002711j:image

このようなヒーターを入れてあげると良いです。

 

あとは餌入れ、水入れ、床材、遊び道具が必要になります。

 

 

 

フクロモモンガ の種類

 

種類が多すぎて全ては書けない(気力がない)ので私が気になっているものだけを。

 

 

ノーマル

f:id:arukublog:20190201003523j:image

これが基本カラーです。

一番安価ですが、しっかり可愛いですね。

 

 

ブラウン

f:id:arukublog:20190201003927j:image

私はこの色がノーマルだと思っていました。

茶色の毛は野生感があって好きです。

 

 

ホワイトフェイス

f:id:arukublog:20190201004119j:image

名前の通り、顔周辺が白いです。

人気の高い色のようです。

 

 

プラチナ

f:id:arukublog:20190201004433j:image

めっちゃ高いです。

 

 

 

色々と種類はいますが、結局事前に決めても当日の現地で意見はコロッと変わるので色に関しては当日の一目惚れに任せたいと思います。

 

 

後編(更新予定日2.18)へ続きます

 

 

キャラクターの役割と必要性

Twitterで生き物関連のツイートを続けていますが、なんとか順調に成長してます。

 

1ツイート平均400ふぁぼくらいいただけており、感謝です。

 

ここからさらに成長していくには今後直面する問題を解決しなければなりません。

 

 

生き物を扱う以上、飼育同様に丁寧なツイートをしなければなりません。

 

そして毎日の固定時間ツイート。これによりアカウント自体の人間味が薄れてしまってます。

 

これらにより「堅苦しい」「話しかけにくい」という印象を与えてしまうのです。

 

 

今の投稿内容、投稿ペースを変えることなく相手に与える印象を柔らかくするには?

 

 

人間味がないなら人間をやめればいい!

 

 

私、キャラクターになる!

 

 

そんなわけで3月上旬を目安にバーチャルさんになります。YouTube投稿や配信をしないのでVtuberではないですが、Twitter上ではキャラクターとして更新します。

 

 

3ヶ月前に「今のアカウントは本当の自分じゃない」と言いアカウントを作り直した私が、また懲りずに猫かぶりです。

 

 

現在、キャラクター発注済み。

納期予定2月下旬から3月上旬。

 

 

f:id:arukublog:20190131022903j:image

 

キャラクター完成までに下準備はしっかりしておきます。